トップページ > ニュース > 論文・学会発表

論文・学会発表

応用アール・エム・エスのスタッフの論文投稿・学会発表等の実績をご紹介します(2010年以降)。

年月日 雑誌名・学会名・大会名等 タイトル 発表者・著者(OYORMSスタッフのみ)
2018/12/06 第15回日本地震工学シンポジウム/仙台 建物登記情報を利用した被害予測・分析のめデータ整備 清水智・小丸安史・時実良典
2018/11/14~16 2018 Taiwan - Japan - New Zealand Seismic Hazard Assessment Meeting/New Zealand Modeling of Volcanic Ash Hazard Yoshinori Tokizane, Masatsugu Wakaura, Toshihiro Yamada
2018/11/14~16 2018 Taiwan - Japan - New Zealand Seismic Hazard Assessment Meeting/New Zealand Fragility function of the wooden house considering roofing type Satoshi Shimizu, Yasushi Komaru, Yoshinori Tokizane
2018/11/14~16 2018 Taiwan - Japan - New Zealand Seismic Hazard Assessment Meeting/New Zealand How to use PSHA map Toshihiro Yamada
2018/11/03 第43回地域安全学会研究発表会(秋季)/静岡 関東地方を対象とした上水道管路データの作成 清水智・小丸安史・時実良典
2018/05/23 日本地球惑星科学連合2018年大会/幕張 応答解析を用いた即時個別建物被害評価の試み 時実良典・小丸安史・清水智
2017/10/31 2017 Taiwan - Japan - New Zealand Seismic Hazard Assessment Meeting/Taiwan Prototyping Korean PSHA Model Toshihiro Yamada, Satoshi Shimizu
2017/07/27 環境管理7月号 地震リスクの定量評価を活用したBCP 高杉剛
2016/11/05 第39回地域安全学会研究発表会(秋季)/静岡 罹災証明の被害の定義に基づいた広域的な被害予測のための応答スペクトルの建物被害関数の検討 清水智・小丸安史・若浦雅嗣・時実良典
2016/03/25 地域安全学会論文集,No.28 津波浸水深の経験的予測手法 清水智・若浦雅嗣
2016/03/18 日本地震工学会論文集,第16巻,第3号(特集号) 地域における震災害の類型化手法の検討 清水智・小丸安史・若浦雅嗣
2016/01/28 日本地震工学会論文集,第16巻,第1号(特集号) 1890年~2040年の地震の揺れによる住宅全壊リスクの変遷 清水智・小丸安史・若浦雅嗣
2014/12/18 環境管理12月号 サプライチェーンリスク分析を活用した地震リスクマネジメントとは 高杉剛
2014/12/04 第14回日本地震工学シンポジウム/幕張 1890年~2040年の地震の揺れによる住宅全壊リスクの変遷 小丸安史・清水智・若浦雅嗣
2014/12/04 第14回日本地震工学シンポジウム/幕張 地域における地震災害の類型化手法の検討 清水智・小丸安史・若浦雅嗣
2014/05/19 2014 Taiwan - Japan - New Zealand Seismic Hazard Assessment Meeting/Taiwan Seismic risk analysis based on national seismic hazard maps for Japan Satoshi Shimizu
2013/10/03 Journal of Disaster Research,Vol.8,No.5 Seismic Risk Evaluation on Building Damage of Municipalities Based on the Seismic Activity Model in National Seismic Hazard Maps for Japan Masatsugu Wakaura, Yasushi Komaru, Satoshi Shimizu
2013/06/17 The 3rd Annual Meeting of the Strategic Chinese-Korean-Japanese Cooperative Program:
Seismic Hazard Assessment for the Next Generation Map/Japan
Uncertainty in the assessment of seismic hazard Toshihiro Yamada
2013/06/17 The 3rd Annual Meeting of the Strategic Chinese-Korean-Japanese Cooperative Program:
Seismic Hazard Assessment for the Next Generation Map/Japan
Study of an empirical model to evaluate tsunami inundation area Satoshi Shimizu, Masatsugu Wakaura
2012/11/10 日本地震工学会年次大会/東京 東北地方太平洋沖地震の津波痕跡調査結果に基づく浸水深の簡易予測 清水智・若浦雅嗣
2012/10/28 The 2nd Annual Meeting of the Strategic Chinese-Korean-Japanese Cooperative Program:
Seismic Hazard Assessment for the Next Generation Map/Korea
Cyclic Pattern of Nankai Trough Earthquakes and the Task in its Modeling, - Primary Uncertainty in Earthquake Hazard/Risk Model - Toshihiro Yamada
2012/06/15 第30回地域安全学会研究発表会(春季)/輪島 津波浸水域の簡易評価式 清水智・若浦雅嗣
2011/11/25 The 1st Annual Meeting of the Strategic Chinese-Korean-Japanese Cooperative Program:
Seismic Hazard Assessment for the Next Generation Map/China
Risk management in Japan Toshihiro Yamada
2011/11/05 日本リアルオプション学会2011研究発表大会シンポジウム/東京 地震リスクの定量評価とリスクファイナンス 大野大地
2011/07/22 日本材料学会 第202回岩石力学部門委員会/京都 岩手県沿岸の津波被害 清水智
2011/05/23 日本地球惑星科学連合2011年度連合大会/千葉 全国地震動予測地図のハザード情報に基づく建物被害リスクおよび人的被害リスクの試算 小丸安史
2010/10/20 第13回日本地震工学シンポジウム/つくば 全国地震動予測地図のハザード情報に基づく建物被害リスクおよび人的被害リスクの試算 小丸安史・清水智
2010/09/03 土木学会 平成22年度全国大会研究討論会/札幌 製造業の地震リスクマネジメント(SRM) 小丸安史